フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

Photo 日常

日本ではまだまだ知られていないスポーツ!その名も「モルック」!!

更新日:


 

モルックとは、
「フィンランドのゲームを元に開発されたスポーツ」
日本モルック協会より

まだまだ日本では知名度が低いと思われるモルック。
しかし、このモルックは老若男女が楽しめる、興味深いスポーツなのです。
そんなモルックを体験してきました。

本日はそんな話。

(ブログ更新214日目)

B5D38527



 

どんなルールなの?

B5D38528
ゲームは簡単で、
「モルック」と呼ばれる木の棒を投げる。
「スキットル」と呼ばれる数字の入った木の棒を倒す。
そして、50点ぴったりになった方が勝ちです。
(ちなみに3回連続で1本も倒せないと失格となります。)

これがゲームの大枠となります。

しかし、ここからが面白いところで、
・スキットルが複数本倒れた場合は、「その本数」=点数
・スキットルが1本倒れた場合は、「スキットルに書かれた数字」=点数
となります。
上記の写真のように、スキットルには1〜12の数字が書かれています。
このルールを上手に活用して、50点ぴったりを狙うのです。

 

考えるスポーツ

B5D38543
単純に棒を倒すだけなら、「ボーリング」と一緒じゃない?
と、思われる人もいるかもしれませんが、モルックの面白いところは、「相手の邪魔をする」点にあります。

上記のように、モルックでスキットルを倒しますが、2投目は1投目で倒れたスキットルをその場所に立て直します。
つまり、徐々にスキットルはバラバラに散っていくのです。

点数は50点。
1投で取得できる点数は12点。
つまり、5投はお互いに必ず投げます。
その間に、スキットルはどんどんバラバラになっていきます。

そして、点数を取るために、1本倒す or 複数本倒す での駆け引きが始まります。
前半は、1投でいかに多くの点数を取得するが重要です。
なので、とりあえずスキットルに当てていけば点数を獲得できます。

しかし、ゲーム後半は、スキットルが広がり狙いを定めていかなければなりません。
そして勝つためには50点ちょうどにしなければならないのです。
(50点をオーバーすると、25点に戻ってしまいます。)

さらに、上級者になると、自分がスキットルの倒し方で相手にプレッシャーをかけられるそうです。
例えば、あと49点の相手に対して、1のスキットルと飛ばして遠くに配置させてしまう。とかでしょうか。
こんな事をされると、

近くのスキットルを1本倒す=2点以上獲得してアウト
2本以上倒す=2点以上獲得してアウト
遠くの1点スキットルを狙う=3回外すと失格

の、ように打つ手がなくなったりします。

まだまだ初心者の私には到底出来そうにありませんが、相手の邪魔をしながら、点数を獲得していくスリルは楽しいと思います。
個人的には、この辺りはダーツのクリケットに似ている気がします。

 

誰でも楽しめる

B5D38638
また、このスポーツは誰でも楽しめるのが特徴だと思います。
モルックも木の棒ですので、そこまで重くもありません。
投擲距離も3.5mと言う事でそこまで遠くもないので、子供から高齢者の方まで楽しめると思います。

男女間でのハンディもなく、今回も男女混合チームで十分に楽しむ事が出来ました。
まだまだ、日本では知らない人も多いと思います。

モルックのプレーの様子はこんな感じです。
B5D38546

 

 

B5D38577

 

B5D38632

 

 

B5D38627

 

 

ナイスショットが出たら、「ナイス!モルック!!」
(正解かどうかはわかりませんが・・・。)
撮影:田中オリエさん(ジュエリーデザイナー)

 

 

今回「モルック」を持ってきてくれた「藤 繁和(しげ)さん」です。
B5D38691

 

 

如何でしたでしょうか。
「モルック」
楽しそうじゃありませんか?
これから温かくなってきて、野外でのイベントも増えると思います。
そんな時に、モルックをプレーしてみては如何でしょうか。

モルック/アジア大会の開催を記念しまして、通常販売価格より40%OFFだそうです!!
(2018年4月10日現在)
モルックの購入はコチラから。

※非正規品も出回っているようですので、ご注意ください。


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-Photo, 日常
-,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.