日常

プライドについて考えてみた

投稿日:


 

プライドを壊したい。
ちんけなプライドはなくしたい。
プライドを低くしたい。
などの話で、盛り上がる事は多々ある。

しかし、そう簡単にプライドは壊れない。
だから悩む人も多いのだろう。

では、プライドとは一体なんなのだろうか。
どうやったら低くなるのか。

本日はそんな話。

(ブログ更新178日目)



 

プライド

そもそもプライドとは・・・。

"誇り、自尊心、自負心を意味する言葉"

では、自尊心とは・・・。

"自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである。"
"自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている"

Wikipediaより

なるほど。
自尊心 = 自信 + 自尊
が成り立っている様子だ。
しかし、世間一般的なプライドは、自尊心の中の「自尊」の部分にフォーカスが当たっているように感じる。

自信は、有能かどうか。
学歴や経歴と言ったある程度の指標が存在すると考えられる。
結果、自信は外部からの評価や印象などにより形成されている。

一方で、自尊は、価値の有無。
価値観は人それぞれであるため、指標となるべき存在が見つけにくい。
自尊心の重要な原因は自分とも他人とも戦っていない状態を表している。
そのため、もっとも重要なファクターとなるのは、自分で選択をしたか。
その積み重ねにより、自尊は形成されていくようだ。

 

プライドが高くなる原因

上記を考慮した上で、「プライドが高い。」とは、
「自分には、めっちゃ価値があるんだぜ。と見せようとしている。」
そんなように捉えられる。

めっちゃ価値があるように見せる事は問題はないように感じる。
ただ、プライドが高いよね。
と周囲から言われてしまうのは、価値があるように見せているのに、実際はそこまで価値は高くない。
そんなギャップにより、「プライドが高い。」と言われるのではないだろうか。

では、何故このようなギャップが生まれるのか。
それは、「自信(実績)が足りない事を、補おうとするため。」と思われる。

上記で示したように、「プライド=自尊心=自信+自尊」
と考えられる。

自信が高く、自尊も高い人は、「出来る人」となり、プライドが高いとは言われない。
しかし、
自信がなく、それを自尊で補おうと、自分の価値を誇大表現すると、「プライドが高い」と言われるのではないだろうか。

そして、自分の価値を認めてもらいたい。
これはマズローの5段階欲求で言う、「承認欲求」に該当する。
自信のない人は、プライドが高い。
のではなく、承認欲求が高い人。
と、言うものも該当してくると考えられる。

ここでまとめてみると、プライドが高くなる原因は、
「自信がない。しかし、承認欲求は強い。」

そんな風に捉える事ができそうだ。

 

プライドを壊すには

では、そんなプライドを壊すにはどうすべきなのか。
いや、そもそもプライドは壊してよいのだろうか。

自尊心は人格形成や安定性のために重要な要素であり、欠如するとセルフコントロールが出来なくなる。
そして、不安、憂鬱、アルコール乱用などの弊害が生じる。

なので、正確にはプライドは壊していけない。
プライドが高いとは、正確に捉えると「自信と自尊のバランスが乱れている。」
そんな状態になるのではないかと思われる。

これらを考慮した調整方法は以下の2つだ。

1:自信をつける
これは、単純に実績を積み重ねていくしかない。
実績を積むことで、自分にも、周囲にも有能である事を訴求する事ができる。
自信をつけるためには、失敗を恐れずに実績を積む。
これが最も確実であると思われる。

2:承認欲求を上げる
え?下げるのでは?
と、思う人もいるかもしれない。
プライドが高い人は、承認欲求が強い。
欲求をなくす事は、非常に難しいし、それは人格にも影響すると思われる。

マズローは承認欲求には2つのレベルがあると分析している。
低レベルでは、他社からの尊敬、地位、注目などにより満たされる。
しかし、このレベルに留まる事は危険であるとも考察している。
高レベルでは、他人からの評価よりも自分自身での評価を重視する。

俗にいう「プライドの高い人」とは、この低レベルの承認欲求が強い。
そのため、この承認欲求のレベルを高くして、自分自身で価値があると評価出来るようになる必要がある。
そのように思える状態になれば、自信が低い状態だとしても、プライドが高くならずにすむのではないだろうか。

 
 
 
個人レベルの見解にすぎないが、プライドが高い事がコンプレックスである人は、上記を参考にしてみてはいかがだろうか。
自信を持ちたいが持てなく悩んでいる人も多いと思う。
そんな場合は、もう一つの方法である、承認欲求のレベルを上げてみる。
そこにトライしてみるのも、1つの方法かもしれない。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)
 

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.