ビジネス 日常

行動出来ないと悩んでいる人へ3つのアドバイス

投稿日:

ダイエットでも、勉強でも、転職でも、英会話でも、中々踏み出せないんです。
あるいは、途中ですぐに挫折してしまう。
と、悩む人が多い。

先日も、取引先の方で
「今の仕事を続ける事が自分にとってプラスなのかわからない。
しかし、だからと言って転職活動してもねぇ・・・。」
と、悩んでいる方とお話をした。

ちなみに、彼は優秀な営業マンで、私からすれば十分今のまま仕事を続ければいいのではないか。
と思える方なのだが。
彼に関して言えば、業務のように降ってるものに対する解決能力が非常に高いのだろう。
なので、仕事をしていて優秀と見えるのである。
しかし、自分で目標を定めて走る点では、少し課題点があるのかもしれない。

そんなこんなで、一歩が踏み出せない。一歩が続かない。
などで悩んでいる方に向けて、3つのアドバイスをまとめてみた。

本日はそんな話。

(ブログ更新31日目)

P4160180

トラギス。砂地の上でじっとしている、ちょっと憎たらしい奴。静岡県沼津市の大瀬崎、水深8mにて。

 



 

 

目標をもっと細かく、具体的にしてみる

なんでもそうなのだが、まずは目標を決める事が最優先である。
一体なぜ、その行動を起こしたいのか。
ダイエットなら、なぜダイエットしたいのか。
ここが明確にならなければ、必ず途中でブレる。

もし、異性にモテたい。と言う感情で、ダイエットを始めたとしよう。
果たして、異性にモテる。と言う目標に対して、ダイエットが最も効果的なのだろうか。
もしかしたら、見た目ではなく中身を整えた方が良い場合もある。

もし、健康に長生きしたい。と言う理由で、ダイエットを始めたとしよう。
本当にダイエットにより長生き出来るのだろうか。

ここらを自分の中で、納得のいく状態にしておかないと、行動には移せないし、継続も出来ない。

そして、考えた結果、ダイエットが自分にとってベストな方法だとしよう。
その後は、ダイエットに対してより具体的にする必要がある。

半年後までに6キロ落として、筋肉量を2%アップする。など。
そうすれば、脂肪を落とすために、食事を見直し、筋肉をつけるためにどんなトレーニングをすべきか。
内容がわかれば、あとは行動していくのみとなる。

理想の姿を思い描く事で、行動出来る人もいるだろう。
だが、自分の中で言語化する事で、自分にとって迷った際に、再確認しやすくなる。
この目標設定と行動の具体化が最初に行うべき重要な点となる。

 

出来ない事でなくて、出来る事を見る

なんとか、一歩目の踏み出せた人は、いかにそれを継続出来るかを考える必要がある。
ダイエットならば、きっと体重が増えてしまう日もあるだろう。
目標に決めていた、月に1回のラーメンを週に2回食べてしまう事もあるかもしれない。

そんな時は、出来なかった事を悔やむのではなく、出来た結果に注目しよう。
何かを始めた時は、失敗だって沢山あるはず。
勿論、失敗の要因を考え、同じ失敗を繰り返さないように対策を講じる必要もある。
だが、そればかりでは疲れる一方だ。

水前寺清子氏が歌う"三百六十五歩のマーチ"
の歌詞にあるように
「3歩進んで、2歩下がる。」

[amazon_link asins='B003Z8XK4C' template='coolstyle' store='sakaboo581208-22' marketplace='JP' link_id='d48ca3f4-97de-11e7-9e0a-6f534ff6a2f9']

世の中そんなもの。

2歩下がった事ばかりを悔やむのではなく、3歩進めた事を認めてあげるべきだ。

 

覚悟、決意せざる得ない状況にする

最後は、覚悟の問題。
ここまでくれば、あとは覚悟さえあれば勝手に継続される。

方法はその人その人に合ったものがあるだろう。
人に言う、お金を払う、文字にして形に残す、進捗確認するシステムを作る、ご褒美をあげる。などなど
大事なのは、アウトプットする事だ。

自分の頭の中だけでは、いつでも止める事ができる。
誰になんと言われようとも、最初に決めた目標に向けて走るための覚悟や決意をしなければいけない。

この3つのポイントを意識すれば、きっと行動に移せ、継続出来るようになるはずだ。

-ビジネス, 日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.