フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス 日常

何かに挑戦しようとする時に読んで欲しい話

投稿日:

新しい事に挑戦する際、漠然とした「何か」に襲われ、
逃げ出したくなった経験はないだろうか。

これまでの生活に変化を加えようと心に誓った瞬間は、

「なんでも来い。」と、考えている。

 

そんな誓いも虚しく、一晩も経てば、

「本当にあの決断は良かったのだろうか。」

と、急に意気消沈してしまう事が度々ある。

 

そこで、新しい挑戦の前に立ちすくんでしまわないような対策を考えてみる。
対策は性格に合わせて3パターン用意してみた。

あなたに合った対策はどれだろうか。
是非、自分の性格と照らし合わせてみて頂きたい。

今日はそんな話。

(ブログ更新15日目)

 

B5D31615
群馬サファリパークのホワイトタイガー。野生は1951年にインドで捕獲されたオスの子供が最後だそうです。



 

当たって砕けろ

負けず嫌いの方向け。
このような方は、なんでも敵と見なし、敗北する事を忌み嫌う。
だが新しい事の挑戦なのだから、勝つ事の方が難しい。

そもそも、勝ち負けとは何を判断するのか。
世の中全てのものが、白、黒はっきりするわけではない。
負ける。と言う発想が異なっている。

仮に勝負だったとして、初めてなのだ。
負けて当然。
当たって砕けろ。

そして砕けた時に、自分の知らない原石がきっとこぼれてくる。

ぐらいに考えておくべき。
もっと肩の力を抜いていこう。

 

とことん考える

石橋を叩きまくって、壊してしまう方向け。
このような方は、漠然としたネガティブ思考にはまり、恐れおののいてしまう。
新しい事の挑戦なんだから、どんなに考えたってわかるはずがない。
と、頭ではわかるが、考えてしまう。

ならば、とことん考えてみるといい。
とことん考えて、自分にとって何がダメなのか具体的にしてみるといい。
不安が具体化すれば、対策だってすぐに検討がつく。
そしていざ、その不安が的中した時は、散々熟考したのだから冷静に対処できる。

何より、とことん考え込んでみると、実は大した不安が出てこない事が多い。
なんであんなに不安になっていたんだろう。
って後々いつも思っているはず。

 

考える事を止める

いつも直観で動き、考えると混乱する方向け。
このような方は、直感が優れていてリアルタイムで的確な判断を下せる。
だから、事前に考える事自体が意味がない。

いつものように何も考えず、その場で判断すればいい。
新しい挑戦の事に関して考えてしまう時間があるのならば、
何か気分転換や、スケジュールを入れてしまった方がよいはずだ。

あとは、時間がくれば本能が赴くがまま挑戦し始め、間違いのない判断をリアルタイムで下していける。

 

仲間に話す

最後は全員向け。
仲間に話す事で、自分の決意をさらに固め、勇気を貰える。

ただし、重要なのは「信頼しあえる関係」が必要不可欠。
表面上の友達ではダメだ。
その意味は話す側が一番わかるはず。

どこにでも新しい事への挑戦を疎ましく思う人間はいる。
そう言った人の側にいる事は賢明ではない。

挑戦すると決めているのだから、自分の中ではもう結論は出ている。
だから、相談するわけではない。
応援して欲しいのだ。
そう言った配慮ができる、信頼できる仲間に話すべき。

 

 

あとは、一歩を踏み出すのみ。

-ビジネス, 日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.