フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

日常

効果的な過去の振り返り方とは

更新日:

ふとした時に過去を振り返る事がある。

ある人は、
「過去を振り返っても変わらない。
もっと未来を考えるべきだ。」
と言うが、

「温故知新」と言う言葉がある様に、過去を振り返る事も重要であると信じている。
大事な事は、振り返り方なのではないだろうか。

  • 過去の栄光ばかりを思い出す事。
  • 過去の失敗ばかりを思い出す事。
  • 過去の後悔ばかりを思い出す事。

これらは振り返っても意味のない過去なのではないだろうか。
では、どの様に過去を振り返る事が効果的なのだろうか。

本日はそんな話。

(ブログ更新22日目)

 

B5BA6880
埼玉県行田市にある古代蓮の里。3000年前の蓮が咲いたとされるため、この様な名称になった。



 

 

事実を分析する

過去を振り返る際に注意すべきは、「たられば」や「美化」。
これらばかりでは、後ろ向きにしかなれない上に事実ではない。

過去を振り返る際には、現在の視点を踏まえ、冷静に過去を分析するからこそ意味がある。
そして、虚像に振り回されない様に、事実を見るべきなのだ。

さらに過去の考え方も重要である。
過去は何度思い出しても変わる事はない。
事実を見ればその通りだ。

しかし、現在の視点は日々変化している。
その変化に富んだ視点により、過去を分析する事で分析結果は変わる。

過去の事実は変わらないが、分析結果により自分の変遷を確認する事ができる。
この分析により、自らの人間性を飛躍的に豊かにする事が可能となる。

 

アウトプットする

記憶とは非常に曖昧なもの。
そして、自分にとって都合の良いもの。

人間は生きるために、都合の悪い事を忘れる様に作られている。

 

過去の判断は「白」だと思い出して見ても、事実は「黒」だと判断していたなんて話は珍しくない。

しかし、これは仕方のない事なのだ。

この事実を確認するために最も有効な手段がアウトプットだ。
他人に自分の記憶を話す事で、都合の良い記憶に騙されずに済む。

さらに、友人と当時を振り返る事で、自らも忘れていた記憶を呼び起こす事が出来る。

という、副産物まで得る事が出来る。

一人で悶々と思い出そうとしても、実は意味がない事が多いのだ。

過去を振り返るのであるならば、他人を巻き込み、
事実の整合性を確認しつつ、多角的に記憶を見直すべきなのである。

 

楽しむ

過去の記憶を呼び起こすには、楽しむべきなのである。
先に触れた様に、過去の出来事は変わることのない事実なのだ。
どれだけストレスを溜め込んでしまう内容だとしても、変わる事はないのだ。

であるならば、この事実を受け止める以外に方法はない。
そして、当時の自分を客観的に俯瞰して、楽しむべきなのである。

とは言え、いつ思い出しても面白くない過去など沢山ある。
しかし、その過去を当時の自分の甘さとして受け入れ、現在の自分と比較する事で成長を認識する事ができる。
その認識ができる事は楽しい事ではないだろうか。

まさに温故知新の意味はここにある。

「過去は変えられない。」

だが、過去を振り返る事で未来を変える事は出来るのである。

楽しい未来を作り出すためにも、振り返った過去を楽しむべきなのだ。

-日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.