フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

日常

何かを続ける事が辛い時。それはインプットが少ないから。

更新日:


何も書く事がない・・・。
どうしよ・・・。

そんな時は、大抵インプットに当てている時間が少ない。
そしてこれって、実は写真も同じ。

本日はそんな話。

(ブログ更新198日目)

B5D36798



バランスって大事

何事もバランスって大事だと思っている。

例えば、ダイビングでの話。
ダイビングで初心者の時にやりがちな事が、「酸素を吸い過ぎる事」。
海の中で呼吸をすると言う極めて特殊な環境下のため、不安になりとにかく「吸う」。
でも、当たり前だが、吸い過ぎると反対に苦しくなってしまう。
だから、なんか息苦しいな。
っと、思う時は、ゆっくりと沢山「息を吐く」。

例えば、読書での話。
読書が続かない人にありがちな事が、「本を読む意味を理解していない事」。
何となく読まなければいけない。
みたいな、概念に追われている人は楽しく本は読めない。
何か必要に迫られ、「インプットしたい」。
そんな風に考えないといけない時がくれば、読書なんて少ない時間の中で必死にこなすだろう。
知識を活用する = アウトプットが明確になればなるほど、読書は続く。

ブログの場合

先日の、「ブログが書けなくなったらやって欲しい3つの事」の記事でも紹介したが、ブログが書けないって時は、そもそもネタが枯渇している場合が多い。
(書きたい事が決まっていて、何て表現にしようかって事もあるだろうが・・・。)
なので、まずは情報収集 = インプット しなければならない。

インプットとは、何も新しい知識でなくても良い。
今日1日、何をして、どんな事を考え、どうなったのか。
そんな事を思い出すだけでも、十分にインプットになる。

勿論、SNSを見たり、本を読んだり、TVを見たり。
いわゆる「情報収集」を行いながら、インプットを行っていると、何かを吐き出したくなる。
感覚としては、「コップに入れた水が溢れ出てくる。」
そんな感じ。

ないものを無理やり、引っ張り出してくる事は辛い。
だけど、溢れ出る何かを、少し整えてあげる事は全然辛くない。
ブログが継続できるコツは、この辺りにあると思う。

写真の場合

これって実は写真も同じ。
せっかくカメラを買ったのに、タンスの肥やしになってしまった。
カメラを持っていても、何を撮っていいのかわからない。
そんな話って意外と沢山ある。

これも上記と同じで、インプットが少ないから、アウトプット出来るものがない。
無理やりアウトプット(とにかくカメラを持って、何かを撮ってみる)しても、辛いだけ。
しかも、そんな時にいい写真が撮れる事も少ない。

対策としては、インプットする事。
綺麗な風景。
素敵なポートレート。
かっこいい街並み。
シックな表情。

そんなものをインプットしていくと、何か自分も撮ってみたい。
って思えてくる時がある。
そうなった時に、撮る = アウトプット していると、とても楽しい。
そして、反省点も沢山見えてくる。

何かを続ける事は大変かもしれない。
だけど、ちょっとしたコツを掴んでいると、さほど大変ではなくなる。
そのコツってものが、「インプット」なのかもしれない。




【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-日常
-, , , , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.