フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

日常

失敗とは、美しさに欠かせない要素って話

更新日:


 

人生最大の失敗談は?
と聞かれて、即答出来るだろうか。

失敗を克服した話は美しく、共感を得やすい。
だから失敗談は、時にその人を魅力的に仕立て上げる。

本日はそんな話。

(ブログ更新257日目)

B49A3897



 

三幕構成

ハリウッドで常用されている「三幕構成」と言うストーリーの金型が存在する。
これは、簡単に言うと、
「ターニングポイントが2つ、クライマックスが1つ」
これを構成要素として、入れ込んで置くと面白い作品になる。
と、言うもの。
起承転結と三幕構成より)

少し思い出してみて欲しい。
大抵の物語は順調に進んだ後に、必ず辛い失敗や葛藤などが待ち構えている。
それを乗り越えていく事で、その人となりに魅力を感じる。

つまり、何らかの転落や失敗がないとつまらないって事。

 

人生の失敗

これは何も創作の中だけの理論ではない。
現実世界にも当てはまる。
常に平均点プラス10点くらいを歩き続ける人よりも、落差の中を突き進んだ人の方が魅力的に感じないだろうか。

ある程度の成功事例ならば、面白く聞ける。
しかし、成功ばかりでは、失敗事例を探し出したくなるのが人の性。
結局、他人の不幸は蜜の味とも言えよう。

その失敗談からの落差があればあるほど、人は興味を抱いていく。
そして、その乗り越え方に共感していく。
多分、人生の美しさにはそんな要素が必要なのではないかと思う。

綺麗すぎる白いキャンバスは、綺麗すぎるが故に触れにくい。
適度に汚れている方が、他人は触れやすいのと同じかもしれない。

 

美しさとは・・・。

個人的見解に過ぎないが、「美しさ」とは、適度な汚れと考えている。
完全に突き抜けた美しさ(絶世の美女と言われるような容姿や、完璧に計算された黄金比など)を除き、その汚れ具合が美しさになる。

成功事例ばかりでは、他人からの嫉妬を生むだけ。
何か大きな失敗談が1つあると、あなたの魅力は大きく変化するかもしれない。

ただ、条件が1つだけある。
それは失敗を乗り越えている事。
「失敗しました。てへっ。」
には、全く魅力は感じない。

夜も眠れなくなるような失敗を経験した。
だけど、自分の思いだけは譲れずに努力を続けた。
その結果、当時とは異なるプラスな結果が出るようになった。

そんな落差が必要。
自分の魅力がわからないって人は、自分が乗り越えたことのある「もっとも大きな失敗」を探すべきかもしれない。
その経験談は、きっと人を引き寄せるあなたの強みになるはず。







 


 

【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)
 
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー写真、プロフィール写真、内外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-日常
-, , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.