フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

コミュニケーション ビジネス 日常

コミュニティを継続させるためのコツを考える

更新日:


 

人は社会で生きる上では、何らかのコミュニティとの関係を持つ事になる。
だが、会社と異なり契約などの強制力のないコミュニティは、徐々にフェードアウトしていく傾向が強い。
一斉を風靡した非公認サークルが、気がついたらなくなっていた。
FBグループを作ったが、全く書き込みがないまま凍結状態。
なんて話はよく聞く。

では、継続的なコミュニティを作るためには、どのような要素が必要になるのだろうか。

本日はそんな話。

(ブログ更新191日目)



 

活動している

これは当たり前で、何かしらの活動をしている事は必須。
活動をする事で人が集まる機会となる。
ただ、注意すべきは、集まる事で何らかのメリットが得られなければいけない。

人が動くという事は、時間とお金を消費する。
なので、その消費に見合ったメリットがなければ、人は動かない。

 

楽しい

そのコミュニティに参加する事が楽しくなければ、集まるはずがない。
この楽しいというものが曲者。
楽しい感覚は人それぞれ。
体を動かす事が好きな人もいれば、ずっと室内で本を読む事が好きな人もいる。

一人一人の楽しさに合わせる事は難しい。
ならば、コミュニティの中で影響力のある人(大抵はコミュニティの創設者)が楽しんでいる事が重要だ。

誰かが楽しんでいると、それは周りにも伝わる。
そんな雰囲気に人は集まってくる。

 

ハードルが低い

コミュニティに参加する事に何らかの制約があると、フェードアウトする人は増えていく。
例えば、
毎日◯◯をしなければならない。
毎月の会費が◯◯円。
など。

だが、このハードルはコミュニティに合わない人をけん制する役割も担っている。
ある程度の集客力をお持ちの方は、逆にハードルは高くした方が良い場合もあるだろう。

今夜のところは、こんなところにしておこう・・・。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)
 

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-コミュニケーション, ビジネス, 日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.