フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス 日常

社会人が勉強する事で得られる6つのもの

投稿日:

社会人になると勉強をする人が減ると言われている。
理由は様々だと思うが、勉強をする事で何が得られるのか。
ここが不明瞭だと勉強は続かない。

社会人が勉強をする事で得られるものを6つにまとめてみる。
(ブログ更新7日目)

B5CA0430
千葉県の五井駅〜上総中野駅を結ぶ、小湊鉄道。



 

知識が得られる

この理由が最も勉強をする理由に挙げられるのではないだろうか。
新しい知識を習得するために、書籍で調べたり、有識者に聞いたりする。
しかし、学生時代には問題が与えられるが、社会人は自ら問題点を探す必要がある。

知識が必要である。

能動的な姿勢がなければ、知識の必要性すら気がつかない。

 

時間の使い方が得られる

勤務時間中に勉強をする時間を確保する事は難しい。
そうなると、仕事以外の時間を確保しなければならない。
仕事が忙しいから時間を確保できない。

勉強ができない理由のNo.1である。

本当に時間はないのだろうか。
通勤時間、お昼休み、寝る前の10分。
社会人の勉強は、このような隙間時間を使わなければ継続が難しい。

 

変化が得られる

勉強を始めると、生活の中で色々な変化が起こる。

身についた知識を活用出来る瞬間に気が付けるようになる。
勉強に関連したキーワードに敏感になる。
時間の使い方を真剣に考え、スケジュール帳をよく眺めるようになる。
無駄な残業をしないように業務を行う。

など、感じた事はないだろうか。
勉強をするために、生活や仕事やプライベートの内容に変化が起こる。

 

出会いが得られる

勉強をしていて、わからない事があった時に一番効率的な解決方法は、

「知っている人に聞く。」

自分の勉強に他人を巻き込む事で、新しい出会いが得られる。
勉強好きな人は、他人に教える事が好きである。
これは、アウトプットする事で、自分の学びにもなる事を知っているからだ。

知らない事があったら、知っている人に聞こう。
そして、自分も同じように、質問された時に教えてあげる事で、
沢山の出会いを得る事が出来る。

 

自信が得られる

一定時間の勉強をした際に、一度自分の勉強を振り返ってみる。
振り返り方は様々。

これまでの勉強時間。
テストの点数。
読んできた本の量。

ポイントは成果を数値化して、見える化していく事。
成果が見えてくると、自信が得られる。
そして、仕事でも自分の実績の見せ方のコツが掴めてくる。

そして、さらに自信が得られる。

 

活用する機会

最後は、勉強で得られた「もの」を活用する機会を作るべきである。
これは次なる課題でもある。

勉強して終了ではない。
勉強はスタートに過ぎない。

得られた知識、時間の使い方、変化、出会い、自信など
これらを総動員して、活用する事で勉強は真の効果を発揮する。
活用する機会は、自ら作り出さなければならない。

勉強をする際に、どのように活用すべきなのか。

活用方法を明確にして勉強する事で、モチベーションが維持でき効率的な勉強ができるはずだ。
勉強が続かない人は、まずはゴールを明確にしてみる事をお勧めする。

-ビジネス, 日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.