フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

Outdoor Photo 日常

沖縄旅行記 〜1日目〜

投稿日:


 

10月2日より沖縄へ来ています。
普段はあまり日記的なものは書いていないのですが、せっかくの沖縄旅行。
備忘録として記事を残そうと思います。
南国の写真をご覧いただきながら、巡った観光スポットをお楽しみください。

本日はそんな話。

B5D30912



 

屋慶名海峡

本当から車で離島の雰囲気が楽しめる島。
那覇空港から1時間ちょっとくらいで行けます。
さすが沖縄っ!
と思える、エメラルドグリーンの海を楽しむ事ができます。
まずは、「屋慶名海峡展望台(やけいなかいきょう)」

B5D30913

 

 

小高い丘を少し登ると、与勝半島と敷地島の間の屋慶名海峡を見る事ができます。
晴れている日は最高の景色ですね。
奥に見える橋が「海中道路」でこれを通り「平安座島」→「浜比嘉島」へと渡っていきます。

 

海中道路とは、そのなの通り海の中に通った道路です。
全長約5kmの無料の道路で、これを通って「平安座島」へと向かいます。

B5D30927

 

 

天気のいい日に、サイクリングなどしても気分がいいと思います。
海中道路の中央部には、展望台や文化資料館があります。
(今回はすっとばしましたw)

 

屋慶名海峡展望台

 

浜比嘉島

そして、平安座島を通り越すと浜比嘉島です。
ホテル浜比嘉島リゾートホテルのレストランにてランチをする予定でした。
しかし、台風24号の影響でまだ停電が続き、レストランは営業していませんでしたorz

近隣には「アマミチューの墓」があります。

B5D30933

 

 

アマンジと呼ばれる、小さな島の中にお墓があるようです。
沖縄の歴史にはあまり詳しくないので、アマミチューが何かはご自身で調べてみてください。
琉球の開闢神話(かいびゃくでんせつ)のアマミキヨと呼ばれる女神様のようです。

B5D30950

 

 

周辺には、自然の力で形成された不思議な岩たちが印象的です。

B5D30953

 

 

 

B5D30942

 

 

 

アマミチューの墓

 

残波岬

次は浜比嘉島の反対側、沖縄本島の西側にある「残波岬」を目指します。
浜比嘉島からも1時間程度のドライブで行く事が出来ました。
先ほどの浜比嘉島の優雅の海とは正反対で、絶壁に波がぶつかり合う激しい風景でした。
台風25号の影響もあるのか、時折飛ばされそうになるくらいの強風が吹き荒れていました。

B5D30956

 

 

残波岬の先端には灯台があるのですが、台風24号の影響なのか、補修中でした。

B5D30962

 

 

足場が傾いているせいか、不思議な感じに見えますね。
こちらの岬は、岩場になっており、足元には十分ご注意ください。

B5D30966

 

 

 

残波岬







 


 

【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-Outdoor, Photo, 日常
-, , , , , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.