フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

日常

1年続いた努力は1年で忘れてしまう。しかし習慣化する事で忘れた記憶を呼び起こす事は出来る。

更新日:


 

2005年〜2006年の1年ちょっとに渡り書いていたブログ。
読み返せば読み返すほど、何も覚えていない。

誰かに言われてとかではなく、好き好んで書いていたはず。
1年以上続いていたのだし、楽しく書いていた記憶は何となくある。

だが、10年も経つと何一つ覚えていない。

本日はそんな話。

(ブログ更新104日目)

B5BA8582



 

1年で覚えたものは1年で忘れる

人間は忘れる生き物だ。
科学的にも、脳細胞は20歳以降増える事はない。と言われている。
(諸説ありますが)

楽しい思い出だって、いずれは忘れていく。
これは避けられない。
そのために、日々反復して忘れないようにしている。

だけど、これは期間に正比例する。
3日で身につけたものは、3日で忘れる。
1週間で身につけたものは、1週間で忘れる。
1年かけて身につけたものでも、1年もあれば忘れる。

残念だが、そんな気がする。

 

習慣化の重要性

では、結局やる事なす事みんな忘れてしまうのか。
いや。そんな事はない。

その1つの対策が「習慣」。
食後に歯を磨く。トイレに新聞を持ち込む。くしゃみをしたら声が出る。
などなど、無意識に習慣化される行動は沢山ある。

しかし、これらは1年やそこらで、身についたものではない。
毎日毎日、些細な行動を何年も繰り返してきた結果。
ここまでくれば、脳が覚えていなくとも、脊髄反射で行動出来るようになっている。

習慣化さえすれば、その作業をする事は体が覚えていてくれる。
体が覚える事で、忘れてしまった記憶を呼び起こしやすくする事が出来る。

 

細く長くが大事

そのためか、10年前のブログを読み返していくうちに、当時の自分の考えが少しずつ蘇ってきている。
1年かけて積み上げた記事の内容は、1年でみんな忘れてしまった。

しかし、書き続けた習慣は体の奥底に残っており、それが最近復活した。
その結果、過去の記事を読む事で、当時の記憶を呼び起こしているような気がする。

嬉しい事に、当時から変わっていない事も多い。
当時から思ったことをそのまま書き綴っていたようだし。
1年くらい書くことで言語化の成長を認識してらしい。

現在、ブログを再開してから3ヶ月が経過したところ。
10年前の自分が見て、成長したな。と思えるような内容にしていきたいものだ。
未来の自分のために細く、長く続けていこう。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請ください)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)
 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-日常
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.