フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

お勧め書籍 ビジネス

美しい言葉を使う人は魅力的である

更新日:

「美しい言葉」
と言われて思い浮かぶ単語はなんだろうか。

雪月花・・・日本の四季で美しいものの典型
朧月・・・春の夜の、水蒸気に包まれてぼんやりかすんだ月

など、風景や四季を表すものを浮かべた方もいるのではないかと思う。

しかし、今回お伝えする「美しい言葉」とは、
非日常で使用するような言葉ではなく、

「ありがとう。」
「いつも綺麗ですね。」
「絶対成功するって。」

などのもっと身近な言葉の事である。

(ブログ更新6日目)

B5BA8001
都心から最も近い棚田である「大山千枚田」。10月になると、1万本のLEDキャンドルでライトアップされる。



言葉の力

言葉の力は、自分自信が考えている以上に絶大である事を認識しているだろうか。
軽んじた言葉が飛び交っている会話を耳にすると、実に残念に感じる。

言葉の力を甘く見てなならないと反省した書籍がこちら。
金持ちになりたい青年が、ミリオネアになるための秘訣を教わる物語の中で、
言葉の力について説明されている。

・言葉の力は絶大だから、そこに何の真実性がなくとも他人に影響を与えてしまうのだ。

・想像力と論理とが対立している場合は、必ずといっていいほど想像力のほうが勝ちをおさめる。
さらにもっとよくない誤りは、自分に向けられてもいない脅しにすっかり度を失ってしまったということじゃ。

「成功の掟」著者:マークフィッシャーより

ただの言葉と思って軽はずみに発している言葉は、実は周囲へ大きな影響を与えている。

一緒に仕事をしたいと思う人。一緒に仕事をしたくないと思う人。
をそれぞれ1人思うかべて欲しい。

多分、一緒に仕事をしたい人は、褒め言葉がうまく、周りを力づけるような言葉を発していないだろうか。
その反対は、説明せずともわかるだろう・・・。

この一緒に仕事をしたい人が発する言葉、これが美しい言葉なのである。

無意識に発する言い訳

美しくない言葉の代表例が「否定的な言葉」である。
あなたの周りに、何かと否定ばかりする方っていないだろうか。

それは○○が悪い。
どーせ出来っこない。
そう言われても無理ですよ。

このような事ばかり発している方は、先ほどの一緒に仕事をしたくないと思われるだろう。

だが、明確な否定を常にすると言うのは、実は結構難しい。
そこにはある程度の論理性が必要になってくるからだ。
(先ほど紹介した書籍にあるように、論理vs想像力となった場合は、想像力が勝るはずなので、どこまで理論武装しても虚しいだけなのかもしれない。)

問題は、「言い訳」である。
言い訳は論理性などではなく、習慣に近い。

自分は○○している。・・・(でも周りがしていない)
私はやれるだけの事はやった。・・・(でも会社のフォローが少ない)

など、否定を言葉にしないでいるケースが多い。
故に、自分でも美しくない言葉を発している事に気がついていない。

言葉で意識や行動が変わる

美しい言葉を発する人は、どうやったら出来るのか。をベースに物事を考える。
しかし、美しくない言葉を発する人は、出来ない理由を探している。

多分、後者の方が簡単だろう。
出来ない理由などいくらでも挙げる事はできる。

大事な点は、どちらが魅力的な人間に見えるのか。
そして、この習慣をどちらに転がすべきなのか。

この重要なターニングポイントを決める要素が「言葉」なのである。
言葉はその人の行動を変える。
そして、その行動が周囲に大きな影響を与えるのである。

常に美しい言葉を発する人間を目指していきたいものだ。

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=sakaboo581208-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=4820716573&linkId=54db82fdf4147a4c2b461ff593262c7f&bc1=000000&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=fbf5f5&f=ifr">

</iframe>

-お勧め書籍, ビジネス
-, , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.