フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

お勧め書籍

後悔のない人生を送るために、読んでおきたい一冊

更新日:

昨今、日本を騒がせているJアラート。
この音を聞く事で、万が一の事を考える人も少なくないはずだ。

人は当たり前のものには感謝の念が薄れていく。
命もその一つかもしれない。
絶対的に避けられない「死」に向き合う事で、少しでも後悔を減らす準備が必要なのだ。

本日はそんな話。

(ブログ更新34日目)


「死ぬときに後悔すること25」  緩和医療医 大津秀一



 

あらすじ

ほとんどの人は死を前にすると後悔するという。
では、人生の最期にどのようなことに後悔するのか―?

 

1,000人を超える末期患者と正面から向かい合った緩和医療専門医が、それぞれの患者が吐露した"やり残したこと"を25紹介する。
悔いのない人生にするためのヒントを教えてくれる一冊。
後悔を残さないように人生を送ってきた人たちと、そうでない人たちとの違いは、人生の終わりに向けた準備を行ったかどうか。
最後の時に、「思い残す事は何もない、幸せな人生だった。」と思えるためには、それ相応の準備が必要なのだ。

 

印象深いセンテンス

"人間は誰かの役に立ちたい、救ってあげたい、また、誰かの何かのために死にたいと理想を持つ。
自分の生が、死が意味あるものでありたいと思う。"
p173

 

引用した一文は白血病で亡くなった17歳の女子高生が手紙に記したもの。

正直、自分の生きている意味を考える事はほとんどなかった。
別に怠惰に生きているつもりもないが、自分の生や死の意味を見出すためには何をすべきかはわかっていない。

ただ1つ言える事は、自分の事だけを考えて生きると言うのは間違っていると言う事。
自分ファーストではなく、他人に幸せになった結果、自分が幸せになる。

これが自分の生きる意味なのではないだろうか。

 

まとめ

人の死はいつ決まるのだろうか。
医師から死亡宣告を受けた瞬間なのだろうか。
火葬場で灰になった瞬間なのだろうか。

大ヒット漫画「ワンピース」では、人の死について以下のように語っている。

参考:ワンピース16巻
「人はいつ死ぬと思う…?」
「心臓を銃で撃ち抜かれた時……違う。」
「猛毒のキノコスープを飲んだ時……違う!!!」
「…人に忘れられた時さ…!!!」
(第145話「 受け継がれる意志」にて)
ONE PIECE 16 (ジャンプ・コミックス)
  • 尾田 栄一郎
  • 価格   ¥ 421 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

私は肉体的な死の後、二度目となる精神的な死が、本当の死だと考えている。

だから人は本当の死から逃れようと、必死に生きた証を残そうとするのだろう。
そして、その証人となるのは、本人ではなく「誰か」。

故に、誰かの役に立ち、誰かを救う事で、自分の生きる意味となるのではないだろうか。
私の生きた証を残すための「準備」が必要なのだ。

 

 

 

死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)
  • 大津 秀一
  • 価格   ¥ 529 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

-お勧め書籍
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.