フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

お勧め書籍

自分の好きな事を仕事にする時代がやってきた

投稿日:


 

本日届いた、西野亮廣氏の新作
「革命のファンファーレ」

 

 

 

まだ、前書きしか読んでないが、書きたい事が沢山出来てきた。

 

"ここからは、好きな事を仕事化するしか道が残されていない時代だ。
p.10"

実は最近、この意味合いのフレーズを、めちゃめちゃよく聞く。
まだまだ浸透していない感じだけど、これまじだよ。

何も考えずに、ライスワークやっている場合ではないって。
その一部をまとめてみる。



 

かさこ塾の場合

先日、無事卒業したかさこ塾

この塾のテーマが
「好きを仕事にする」大人塾

本当にそのまんま。

好きを続けるからこそ、意味がある。
だけどね、好きだからってそんなにすぐに仕事が来るわけではない。
だから、セルフブランディングを作って、情報発信していくべき。
そして、続けるためには好きでなければ辛いだけ。
こんな事を学んだ。

 

中井塾の場合

現在、目下学び中である中井塾
テーマは「幸せな成功者になる」
真の成功とは、仕事で結果を出すだけでない。
好きな事に時間やお金や体験する事も大切。

そして、成功するためには習慣が重要である。
習慣化にはコツもあるが、自分が好きな事でなければうまくいかない。
だから、自分のとことん見つめ直して、UPSを作っていく必要がある。
こんな事を学んでいる。

 

エール株式会社の場合


エール株式会社
現在、お世話になっている企業さん。

この会社のVisionは「楽しくチームを強くする。そして、働くを面白くする。」
仕事が楽しくなる組織作りを、クラウドで作り出そうとしている新進気鋭の企業。

人間関係って対面でなければ成立しない。
って考えている人は多いと思う。

でも、今はそんな時代ではない。
クラウドサービスを活用して、チームビルドが出来て、仕事が楽しくなる時代なのだ。

 

ティネクト株式会社の場合

いつも楽しく読ませていただいている「Book&Apps」の運営会社。
先日、アップされた記事
彼女は言った。「ゲームばかりしてないで、本を読めば?」
の内容なんかがまさにこれ。

"つねづね「苦手を克服するより、得意なことをした方がいい」と僕は思っているので、
会社は辞めることにしました。"

周りの物差しは関係ない。
自分が好きならば、それで仕事が出来る時代になった。
勿論、サラリーマンが悪いとは思わない。

だけど、「自分」が何をしたいのか。
何が「好き」なのか。
もっと真剣に考えるべきだと感じた。

 


 

どれも表現は異なる。
でも、本質は同じなんじゃないかって思う。

ただね、一つだけ重要な事。
好きな事は、自分で選ぶ。
そして、自分で選んだ責任も追う。

失敗も成功も誰のせいでもなく、自分。
この覚悟を持てないのならば、組織に属している方が無難だ。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)

 

【出張撮影いたします。】
現役薬剤師として、医療系業種を中心に、
プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(都内中心に関東圏内となります。)

現在、無料モニター募集中です。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

-お勧め書籍
-,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.