フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

Daily Photo

トリミングで写真をキレイに見せよう!!

更新日:


 

写真編集の中でも最も簡単にできるトリミング。
スマホでも簡単に出来ますね。

写真により、どのようなイメージを持って貰いたいのか。
一部分をうまく切り取る事で、より伝わりやすくなる。

しかし、トリミングは簡単にできる代わりに、写真の良さを潰してしまうリスクもある。
トリミングを行う事で、どのように伝わるのかをまとめてみる。
(以下の写真は全て同じ写真です。)

本日はそんな話。

(ブログ更新91日目)

B5D36319-4
東京都江東区にある豊洲公園



 

水平を意識する

水平具合

左の写真は右上にやや傾いている状態。
まぁ、気にならないと言えば、気にならない。
しかし、このようにしてみると一目瞭然だ。

水平具合ver2

ビルや水平線のようなわかりやすい直線がある風景がでは、水平が整えられている方が美しい。

勿論、伝え方によりあえて斜めにする事はあるが、正攻法としては水平は無難だ。
トリミングをする際に、補助線が出てくるので、その線に合わせて角度を傾けるだけで写真は美しくなる。

 

イメージカラーを選ぶ

イメージカラー比較

写真の第一印象は、色で決まる。
どのようなケースで使用するのか、イメージカラーは整えて置いた方が良い。
そこで、トリミングにより、訴求したい色を絞り込む事は有効だ。

左の写真では、歩道やクレーンの赤を除いた。
それにより、空の青、雲やビルの白を訴求している。

右の写真では、空を大幅に削っている。
それにより、歩道の赤や芝生の緑を訴求している。

どちらが、優れているなどではないが、好みの色や使用するケースに合わせる事が出来る。
全く同じ1枚の写真でも、トリミングの仕方次第でここまでイメージが変わる。

 

構図

構図比較

最後は構図だ。
高層ビル群を主役に見立てた場合、写真のどの位置に持ってくるかでイメージは変わる。

左の写真のように、主役を真ん中に持ってくる(日の丸構図)と、何を訴求しているのかが明確になる。
しかし、最も無難な構図であり、素人っぽくもある構図。

右の写真のように、主役を右にずらすと、左側に余白が出来、キャッチスペースとしての活用や空の開放感が訴求される。
左右へのずらし方に関しては、三分割構図を用いると綺麗におさまる。
三分割構図とは以下のような補助線の事。

構図比較ver2

訴求したいものを、この補助線上の交点に配置する事が基本的なテクニックとなる。
この補助線はカメラの設定により、表示させる事が出来る機種が多い。
是非、普段から意識して置くと良い構図。

 


 
と、トリミングのコツをまとめてみた。
だが、これはあくまで個人的な主観によるもので、これらが正解と言うわけではない。

写真は芸術的要素も強いわけで、結局は見てもらう人によりイメージは変わる。
自分の特徴を活かしながら、見る人に伝わるようなカットで撮る事を意識していきたい。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)
 

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-Daily, Photo
-, , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.