フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

Outdoor Photo

自分が好きな写真、見た人が好きな写真

更新日:


 

「写真による捉え方は千差万別でした。」
と、シンプルにまとめてみます。

まぁ、大抵の方は、わかっていると思います。
「好み」なんて言葉でくくってしまえば、そこには様々な感性が現れます。
反対に言えば、様々な感性が生まれるからこそ、面白いとも言えるのかもしれません。

今回の写真比較は、100%の人に好きだと言って貰える写真を探した訳ではありません。
撮影サイド(私)と、閲覧サイド(みなさま)の気づきの違い。
そこはどのあたりなのか。を知りたくて検証させて頂きました。
では、その千差万別ぶりの内容について少し触れみたいと思います。

本日はそんな話。

(ブログ更新217日目)

B5D38251



 

けしからん風景をどう切り取るか

元記事はこちらです。

栃木県にある「あしかがフラワーパーク」の近隣に、うっとりするような桜並木を見つけました。
それが、サムネイル画像にあるような桜並木です。

素晴らしい風景であり、写真を嗜んでいる身としては是非綺麗に撮りたいなと感じた場所でした。
ただ、素晴らしい風景であればあるほど、写真として収めるのが難しいとも思えるわけです。
そこでいつも悩む事が以下の点です。

・風景をありのまま伝えるのか
・風景を写真として魅せるのか

今回は写真の比較は、このような2軸から撮った写真に関して、見た方の意見を聞いてみよう。
と思い立った事がきっかけでした。
タイトルをつけるかどうか悩むところでしたが、写真だけの方がより自由な意見が出るのではないかと思い、あえて写真だけを2枚並べてみました。

では、それぞれの写真について、撮影サイドと閲覧サイドの違いを見て見ましょう。

 

ありのまま伝える

B5D38269
私のイメージでは、こちらの写真は「風景のリアルに近い形で表現した」1枚です。
設定としては、(70mm,F13,1/250,ISO100)となります。

いわゆる、「絞った」写真です。
この写真で、私が伝えたかった内容が以下の点です。
・空の色と桜のコントラスト
・道端に落ちている花びら
・桜の木がたくさん並んでいる
・桜に魅入っている人
だいたいこんな感じです。

で、いただいた意見としては、
・空と桜のコントラスト(この意見がもっとも多かったです)
・旅行ガイドの写真にありそう
・スッキリしている
・普通

圧倒的に多かった意見は、空と桜のコントラストが良いと言う点でした。
こちらの写真は、個人的には撮影サイドと閲覧サイドに大きな違いはなかったかな。
と捉えています。

 

写真として魅せる

B5D38262
私のイメージでは、こちらの写真は「写真だからこそ表現できる」1枚です。
設定としては、(70mm,F2.8,1/2,000,ISO100)となります。

いわゆる、「開放した」写真です。
この写真で、私が伝えたかった内容が以下の点です。
・桜並木の奥行き加減
・前ボケによる雰囲気作り
・車を入れて想像を掻き立てる
・ぼかしを強くして桜並木を強調する
こんな感じでした。

ただ、ここに関してはいただいた意見が割れたように感じます。
ポジティブに捉えると
・奥行きがある
・想像力を掻き立てる
・車が良い
・壮大な雰囲気

ネガティブに捉えると
・ボケすぎてぱっと見わからない
・車が微妙
・前ボケはない方がいい

このような感じでした。
ざっくり見てみると、こちらの伝えたいものがプラスにもマイナスにも働いているように思えました。
ぼかし具合や車などがまさにです。

 

見る側を意識する

みなさまのコメントを読んでいて思った事は、
「中途半端なテクニックは怪我のもと。」
と感じたところです。

開放の写真を撮る際には、
・どこに焦点を当てるのか
(もっと手前なのか、もっと奥なのか)
・どこを切り取るのか
(空とのコントラストがなくなったとか)
など注意する必要があります。

他にも構図として
・前ボケの有無
・車や人物の有無
が及ぼす影響も考えた方が良さそうです。

これらは見る側の好みによってプラスにもマイナスにも傾きそうです。
つまり、撮影サイドのこだわりが強すぎると、マイナスになってしまう可能性があるよ。
って事です。

ただ、絞った写真のコメントにもあったように、そのままの風景の写真は「普通」。
とプラスにもマイナスにもならない場合もありそうです。

もちろん、これらのご意見は好みの問題であり、どれが良いとか悪いとかそう言った事が言いたい訳ではありません。
撮りたいように撮る写真の大切さもわかります。
しかし、撮影依頼を受けている場合は、撮られたいように撮らなければいけないとも思います。
そして、それを決めるのは写真を見た人。

趣味の撮影のみでなく、撮影依頼を受ける身としては、閲覧サイドの意見は非常に重要だと思っています。
この度は、たくさんのご意見をちょうだいする事ができ、非常に勉強になりました。
そして、私が気がつかない視点でのご意見もたくさんありました。
この場を借りてお礼させてください。

是非、また同じような事をしようと思っていますので、沢山のご意見お待ちしております。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)
 
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー撮影、プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-Outdoor, Photo
-, , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.