フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス 日常 薬剤師

自分を磨いて充実した日々を過ごしたい人へ

更新日:

私は薬剤師として8年間勤務しているが、30代半ばになってくると、
今後の身の振り方を真剣に考える時間が増してくる。

一般的にも35歳が、人生のターニングポイントと言われ、
「転職できるデッドライン」
「生涯年収の土台が決まる」
などと、言われておりプレッシャーを感じてしまう。

これは、仕事にもある程度の落ち着きが見え、視野が広くなり、守るべきものが増えてくるためだろう。
そして、行き着く先に「充実感」、「達成感」、「幸福」を求めるようになる。

では、幸福の一歩手前に存在する、「充実感」のある日々を過ごすためには、
どうすればよいのだろうか。

今日はそんな話。

(ブログ更新16日目)

B49A4606
旭川の「雪の美術館」にある、スノーミュージアム。自然の雪の結晶は二度と同じものは作られない。



 

テストで学んだ充実感

誰しもが経験している充実感の代表が、学校のテストではないだろうか。
テストでいい点数を取り、友達に認められ、親に褒められ、充実感を得た事はないだろうか。

これは、テストでいい点数を獲ろうと努力をした見返りだと言う事は、言わずともわかるだろう。

乗り越えた壁が大きければ、大きいほど得られる充実感も大きくなる。
学校にいた頃は、先生から勝手に課題が与えられるため、どの壁を乗り越えればいいのか迷う事はなかった。

しかし、社会人は異なる。
充実感を得るための壁を、自分で探さなければならない。
しかも、壁を乗り越えたらそこにドブがあったりするのだ。
上司は先生とは異なり、いちいちどの壁を乗り越えればいいか指示しない。

汗水垂らして壁を乗り越えた後に、「その壁は超える必要ないよ。」

と、言われる。

 

努力のストップは失敗ではない

これでは、壁を乗り越える事を続ける事は酷ではないか。
もう乗り越える事は辛い。
と、努力をやめてしまうのは致し方ない。

では、これが失敗なのだろうか。

いや、違う。

失敗はその場から動く事をやめる事。

どの壁でもいいので、乗り越え続けていれば、必ずゴールに辿りつけるのだ。
だから、もがき続ける覚悟さえあれば、失敗する事などあり得ない。

 

ビジネススキルを身につけよう

ただ、なぜか高確率で正解の壁を乗り越えていく人が周りにいないだろうか。

その人と自分との差はなんなのだろうか。

それが、ビジネススキルだ。

コミュニケーションスキルを活用する事で、協力する仲間たちを得る。
マネジメントスキルを活用する事で、自分の行動や精神管理を徹底する。
ITスキルを活用する事で、手にしている道具の効果的な使用方法がわかる。

これらのスキルは、自分で学ぼうとしないと学べない。
社会は学校ではないのだ。
学びは自ら、もぎ取って行かねばならない。

 

成長って楽しいんです

自ら学びを行うようになると、あとは学校の時と同じだ。
学んだスキルを活用し、自分や第三者で評価する。

その評価が高ければ、充実感を得られる。
そうすると、成長が実感できる。

自分を磨いて、成長させよう。
と、言われても苦労が先行してしまう。

これは、致し方のない事。
だって、これまで苦労→充実→成長の順番で、体に染み付いてしまっているから。

考え方を逆転しよう。
「成長」ってどんなものなのかな。と、ワクワクする事から始める。
そこが明確になれば、多少の苦労なんてどうでもよくなる。

 

 

ちょっと自分磨きを始めて見ようって思った?

「思ったー!」

って方は、一言でいいのでコメント頂けると非常に嬉しいです!!

-ビジネス, 日常, 薬剤師
-, , , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.