フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス モチベーション 薬剤師

「会社は続ける事が重要」と話す70代経営者の考え

更新日:


 

「会社は続ける事が重要なの。」

先日、ある調剤薬局経営者とお話した際の事。
すでに70代を迎える女性なのだが、非常にエネルギッシュな方だった。
70代と言われても全くピンと来ないくらいだ。

彼女は何度も言っていた。
「会社は続ける事が重要、サービスのクオリティや時代の流れとか、色々あると思うけど、
まずは継続されなければ意味がない。」

そして、
「継続するためには、患者さんが何を求めているのかを常に考えてきた。
制度の変更や環境の変化を追いかけても、価値は提供できない。」

本日はそんな話。

(ブログ更新75日目)

B49A0756-2



 

追いかけるものは常に顧客

医療用医薬品は、公定価格が国によって定められており、2年に1度見直しされる。
(≒価格が下がる)
また、診療報酬改定と言って、算定できる技術料(手数料)も見直しされる。
(≒価格が下がる)

つまり、年々強制的に価格を下げられる可能性がある。
薬局を経営する場合、これらにどのように対応していくかは、まさに死活問題となる。

しかし、これらは顧客には関係のない事。

この経営者は、
「これらを追いかけてばかりいるから辛くなるよ。
だから、本来の仕事が見えなくなっていく。」

そして、
「顧客が求めているものをひたむきに、追いかけて入ればいずれ収益は伸びるよ。
短期的な収益を求めるから、長期的に損をしてしまうのよ。
目の前のお金だけ狙っていても幸せにはなれないわ。」

このように述べていた。

 

稼ぐ事が幸せとは限らない

また彼女はこうも言っていた
「働き方改革とか巷で言っているけど、本質とずれているわよね。」

「仕事って沢山やれば稼げるわけではないし、集中できる時間なんて限られている。
それに、仕事は生活の中の一部にしか過ぎない。
だから、うちは昔から勤務時間を気にして働く文化がある。
何も言わなくたって、みんな定時に帰ろうとするわよ。」

確かに、仕事だけしてれば、お金さえ稼いで入れば幸せとは限らない。
そんな意味でもメリハリをつける必要がある。

「だから、私は趣味を多く持っている人は好きよ。
そういう人の方が、時間の大切さをよーく知っているの。」

 

会社を継続させるためのコツ

「私は、常に現場に入って一次情報を自分で取りに行っているの。
これは70代になった今も同じ。」

「ただね、最近は今後の事も少し考えるようになってきたの。
それは、アイディアが生まれるかどうか。」

「さすがに、最近になってアイディアが出て来なくなった。
昔は沢山出てきて、常に試行錯誤していたんだけどねー。」

「それがきっかけで、少し今後の事を考えるようになった。
そろそろ引き際なのかもしれないって。
だって、会社って現状維持=衰退を意味するから。
このまま私が居座っていても、会社は衰退してしまう。」

「私が大切にしているのは、この会社が継続していく事。
それには、引き際も重要なのよ。」

私には、まだまだ彼女の真意は理解出来ていないだろう。
しかし、会社や顧客の幸せを考え続けてきた事で、この会社は継続出来てきた事は十分理解出来た。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)

 

【出張撮影いたします。】
現役薬剤師として、医療系業種を中心に、
プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(都内中心に関東圏内となります。)

現在、無料モニター募集中です。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

-ビジネス, モチベーション, 薬剤師

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.