フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

日常 薬剤師 診断士

結局、自分の事は自分で決めるしかないって話

投稿日:


 

本日は、中小企業診断士二次試験でした。
なんだかんだ勉強を始めて2年が経っている。

結果は、何とも・・・。
ってか、出来がいいと思った事がないw
でも、それでも模試では上位10%以内に入れたりもしているから、きっと何とかなっていると信じる。

と、この区切りの良い時期を踏まえて、これまでを振り返ってみようかと。

本日はそんな話。

(ブログ更新67日目)

StarStaX_B49A2611-B49A2710_gap_filling-2



私は薬剤師だ。
一応、国家資格を取得している。

薬剤師と言うと、大抵の人に
「安定した仕事ですね。」、「手に職があっていいじゃないですか。」
のような反応を頂く。

勿論、その通りだと思う。
確かに安定しているし、失業の心配は現状皆無である。

だけどね、それを自分が求めていたかと言うと、ちょっと違う。
これは結果論であって、目標とは別な気がしている。

これまで勉強をしていて資格が欲しいと言うよりは、一度決めた事だから最後までやり抜きたい。
という気持ちが強い。

診断士の勉強をしていて、それは色んな解法があった。
二次試験は特に模範解答がない事から色んな話が出てくる。

ある人には、文章よりも箇条書きがいいと言われ、
ある人には、キーワードよりも文章の構成が重要だと言われ。
まぁ、結局人それぞれ。

資格の勉強に関しても同様。

資格なんぞ、肩書きの一つに過ぎない。
いや、資格があるからこそ舞い込む仕事も沢山ある。

まぁ、色んな意見がある。

ただ、一つ間違い無いのは「自分がどうするか決める事」
これは、誰に何を言われようが貫けるくらいの決意の問題。

それがあれば、何でもいいんじゃ無いかな。
別に、何が正解か何て自分で決める事だし。

そう、考えると政治家ってすげーなって思う。
何をやっても大抵の人は、世論からすごい批判を受ける。
でも、そんな事をいちいち気にせずに、選挙に出てきて自分の仕事を確保していくんだものね。

最終的には、現実とは弱肉強食と思う。
弱者は何を言っても虚しいだけだし。
勝者は何を言っても説得力を持てる。

やはり、結果や実績が全て。

資格に頼る人もいれば、資格なんぞ関係無い人もいる。
多分、どっちがいいかは、その人次第だと思う。

これを踏まえた上で、自分が何をすべきか決める。
人に言われた事を全て無視するわけでは無いが、最終決定するのは自分。
これだけは絶対的な事実。

私は決め打ちはしない。
資格も取りながら、結果も出していくために、何をやるかを決める。
誰に何を言われても。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)

 

【出張撮影いたします。】
現役薬剤師として、医療系業種を中心に、
プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(都内中心に関東圏内となります。)

現在、無料モニター募集中です。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

-日常, 薬剤師, 診断士
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.