フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

PC関連

WindowsXPとMacでファイル共有する方法

更新日:

Windows XPとMacのデータ共有をしよう!

世界シェアを見ると、PCのOS主流はWindowsであるが、日本ではiOSが優っている。
そんな最中、ようやくWindows XPを卒業し、Macデビューを果たした。
そこで必要となってくるのが、Windows XPとMacのデータ共有化
データを共有するためには幾つか方法があるが、今回はWindows XPとMacに共有フォルダを用意して、LAN(ローカルネットワーク)によるデータ共有を行ってみた。

 

Windows XPでの共有ファイル設定

まずはWindows XPで共有化したいフォルダを選び、共有化を設定する。
共有化したフォルダにて右クリック→共有とセキュリティ→ネットワーク上でこのフォルダを共有する
共有名は自由に設定する。

貼り付けた画像_2015_11_15_0_11

共有フォルダ設定が完了したら、次はこのPCのIPアドレスを調べる。
IPアドレスは、
コントロールパネル→ネットワーク接続→ローカルエリア接続を右クリック→状態→サポートタブ
のIPアドレスをメモしておく(こいつをMacに入れることで共有化します)。

151114-004

 

Macで共有化を設定する

続いて、Macにて共有化の準備を行う。
システム環境設定→共有→ファイル共有にチェック→オプション

スクリーンショット_2015-11-14_23_06_23_1

ここまでで準備完了。
次はWindows XPとMacの共有ファイルに接続してみる。

 

共有フォルダにアクセスする

Macにて共有フォルダにアクセスしてみる。
Finderメニューの移動→サーバへ接続→先ほどメモしたIPアドレスを入力→接続する
スクリーンショット_2015-11-14_23_07_06
接続が完了したら、Windows XPで共有化したフォルダの共有名が表示されるので、
共有したフォルダ名を選択する。

スクリーンショット_2015-11-14_23_07_22

これで、共有化したフォルダがデスクトップに現れ、データ共有化できるようになる。

-PC関連
-, , , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.