フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス マネジメント

仕事が楽しくなる「場作り」に関わる3つの要素

更新日:


 

よく、
「何を言ったか。」
よりも、
「誰が言ったか。」
が重要だと言う話を耳にする。

同じように、
「何をしているか。」
よりも、
「どのような場なのか。」
が重要なのではないだろうか。

最近そんな事を考える。

本日はそんな話。

(ブログ更新251日目)

B5CA0431



 

同じ薬局でも雰囲気はまるで違う

私は19の調剤薬局を担当しているが、薬局毎に雰囲気が全く異なる。
ある薬局では、非常に仲良く、時には厳しく仕事をしている。
隣の薬局では、必要最低限の会話しかないものの、チームとしてまとまっている。
また別の薬局では、殺伐とした雰囲気で、皆が行きたがらない状態だったりする。

先に述べておくが、調剤薬局の業務の流れに大きな違いはない。
特に同じ社内では、決められたフローがマニュアル化され、似たようなレイアウトの職場だ。

しかし、上記のようにそれぞれの職場で、雰囲気がまるで異なる。
これらを踏まえ職場の雰囲気で重要なのは、業務内容ではなく、人もしくは場なのではないか。
と考えてみた。

 

場作りに着目してみる

ただ、ここで人に焦点を当ててしまうと、結局メンバーの当たり外れ。
なんて、端的な考えになってしまう。
そして最終的には人の好みは千差万別だ。
と、収集がつかなくなってしまう。

そこで、着目した点が「場作り」。
楽しい職場では、きっと共通した「場作り」のエッセンスがあるのではないかと考えた。
このエッセンスを展開する事で、楽しい職場が増えるのではないだろうか。

では、マンパワーに依存せずに、どのような「場作り」を行うと楽しい職場となるのだろうか。
全然仮説に過ぎないのだが、現状では以下の3つが重要ではないかと考えている。

1:得意分野に関われる場
2:方向性が見える場
3:新しい発見がありそうな場

それでは、それぞれを少し掘り下げてみる。

 

BBQからの考察

BBQをやった事があるだろうか。
友人らと集まり、わいわいと肉を食らうイベントだ。
BBQがつまらなかったと言う人はあまりいないと思う。

このBBQは、組織として団結し、複数のタスクを併行する点は仕事に酷似している。
では、なぜBBQは楽しい場なのに、仕事はつまらない場となってしまうのだろうか。

 


 

1:得意分野に関われる場
BBQでは、担当分けをする際に、各々ができるタスクに着手する。
私、料理得意だから野菜を切るね。
俺、火起こしできるから、かまど作るわ。
自分、今日飲めないから車で買い出し行ってくるよ。

こんな感じだ。
雰囲気の良い職場では、自分らの得意な分野の仕事が出来ている場合が多い。
だから、自主的にタスクに取り組み、よりよいアウトプットを出そうとする。
雰囲気の悪い職場では、慣例など理由のない仕事を任されていたりする。
だから、作業に力も入らず、自分の能力も発揮する事が出来ない。

メンバーのステータスを理解し、適材適所の布陣が敷かれた場は、雰囲気が良くなるのではないだろうか。

 


 

2:方向性が見える場
BBQでは、やる事が明確だ。
最終的に、「美味しいご飯にありつく事。」
特に、明文化されていないが、参加者は自然とここに向かっている。
だから、判断基準が自ずと出来上がる。

雰囲気の良い職場では、メンバー全員が向かっている矛先が同じだ。
だから、細かい指示を出さなくとも、間違った判断になる事が少ない。
雰囲気の悪い職場では、メンバーがそれぞれ好き勝手に動いている。
だから、結局何をやっているのかわからなくなり、モチベーションも下がっていく。

チームとして、どこに向かうべきなのか。
そして、現在どこに位置しているのか。
それらが見えるような場は、雰囲気が良くなるのではないだろうか。

 


 

3:新しい発見がありそうな場
自主的に何かを行なっていると、アウトプットにプラスαを加えてくれる人がいる。
BBQで肉を焼いている時に、ちょっと変わった調味料を持参してくれたり。
少し手間がかかるけど、オススメの下ごしらえを行なってみたり。
頼んでいないけど美味しそうだったからと、変わったビールを買ってきたり。

個人のオリジナルによるプラスαは、新しい発見が沢山ある。
この発見は、提供する側も、提供される側も嬉しいものだ。

雰囲気の良い職場は、各自のプラスαをお披露目したくなる場を用意している。
だから、普段の業務中からプラスαを見つけようとアンテナを張り巡らせている。
雰囲気の悪い職場は、プラスαのお披露目が義務化されている。
だから、やっつけプラスαしか出てこないため、新しい発見とは到底言えない。

新しいノウハウや知見を手に入れる事は難しい。
だからこそ、新しい発見を共有できるような場を用意しておくと、雰囲気は良くなるのではないだろうか。







 


 

【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(お気軽に友達申請どうぞ)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
日々の写真をUPしているinstagram(フォローお願いします)
Amozon欲しいものリスト(撮影活動にご協力頂けると嬉しいです!!)
 
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 

【出張撮影いたします。】
薬剤師として磨き上げた親みやすさと洞察力で、
自分でも気が付かない優しい表情を切り取ります。
セミナー写真、プロフィール写真、内外装写真など、出張撮影いたします。
(全国どこでも承ります。)

ご興味のある方は、下記フォームよりお気軽にご連絡ください。

-ビジネス, マネジメント
-, , , , ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.