フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス モチベーション

楽しい勉強になる3つのポイント

更新日:


 

学生時代から勉強はあまり好きではなかった。
どちらかと言うと、テスト直前にテストの点数を稼ぐために勉強をした。
だから、余計につまらなかった。

しかし、30代になり少し勉強に対するイメージが変わった。
「I love 勉強 !!」と言える程ではないが、勉強が楽しいと思える事が増えた。

なぜ楽しいと思えるようになったのか。
一体どのような勉強は楽しくなるのだろうか。
3つのポイントをまとめてみた。

本日はそんな話。

(ブログ更新84日目)

B5D33173



 

成長がわかる勉強

新しい知識を身に付けようと、勉強を始めた時は非常に面白い。
知らない知識に対する好奇心が湧き上がってくる。

そして、ゼロからスタートする分、目覚ましい成長を自己認識する事ができる。
これが楽しくて仕方なくなる。

さっきまで何もわからなかった内容を理解した時の満足感は堪らない。
そして、これを人に伝えたくなる。

人に伝えると、さらに自分の知識として深まっていく。
このように、自分の中で成長と言う変化が感じれる勉強は楽しい。

これを逆手に取ると、勉強結果の見える化が重要だ。
勉強時間であったり、模擬テストの点数であったり、アウトプットしたノートだったり。
これらが増えていく事を感じれるようになれば、勉強は楽しい時間となる。

 

目的が明確な勉強

なぜ、勉強をするのか。
その目的が明確であればあるほど、勉強は楽しくなる。

目的が明確になると、現在の立ち位置を知りたくなる。
そしてその位置からどのように近づいていこうか、試行錯誤を行おうとする。

試行錯誤は失敗もするが、成功する時もある。
成功した時の楽しさを求めて、さらに試行錯誤できるようになる。

だが、この目的が明確でない勉強ほど辛いものはない。
勉強とは、自らのエネルギー以外では進める事は出来ない。

目的が明確でなければ、エネルギーを注入する事は、非常に難しいのだ。
勉強が楽しくない時は、なぜ勉強をしなければいけないのか。
自分で目的を明確にしなければいけない。

 

誰かのための勉強

これが最も強力な理由だ。
人は誰かのために何かを行う時が最も力を発揮できる。
自分のためには、意外と頑張れないもの。

誰かが困っているから、それを助けるために自分が勉強しなければいけない状況になると、人は一生懸命に勉強できる。
そして、その勉強はもちろん結果を意識するため、成果も出やすい。

誰かのためになり、成果が出やすい勉強は楽しいに決まっている。

勉強が苦しくて、辛くなった時、誰かの役に立てないか考えてみるといい。
全く役に立たない勉強をしているのならば、一度考え直してみるべきだ。

大抵の勉強は、誰かしらの役に立てるためのもの。
それを意識するだけで、大分モチベーションが高くなるはずだ。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)

 

【出張撮影いたします。】
現役薬剤師として、医療系業種を中心に、
プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(都内中心に関東圏内となります。)

現在、無料モニター募集中です。(終了いたしました。)
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

-ビジネス, モチベーション
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.