フォトグラファー×中小企業診断士×薬剤師の「さかぼー」の活動記録

Meivy Style

ビジネス モチベーション

モチベーションと行動の順番を間違えていないか?

投稿日:


 

仕事でも趣味でもブログでも、モチベーションが高いから続けられる。とか、
モチベーションが下がったから続かない。とかよく耳にする。

そのためか、
「モチベーションを高めようぜ、そうすれば体が勝手に動くぜ。」
のような考え方が多い。

例えば、
・名言を唱和してモチベーションを高めよう。
・沢山褒めて上げる事でモチベーションを高め合おう。

確かにこれらにより、モチベーションを高める事は可能だ。
だが、モチベーションが高くなれば行動は継続されるのだろうか。

「モチベーションが高くなる→行動に移せる」と思われがちだが、
実は逆で「行動に移す→モチベーションが高くなる」じゃないかって事。

本日はそんな話。

(ブログ更新63日目)

ファイル 2017-08-20 20 50 00
空腹ならばモチベーションに関係なく肉に喰らいつく



 

そもそも必要なの?

まず、考えるべきなのが、その中断されてしまったものは自分にとって必要なものなのか。

例えば、英会話を毎日1時間聞く。
と言う目標を立てたとして、モチベーションが下がりやらなくなった。
こんな話を耳にした事があるだろう。

この場合、モチベーション云々の前に
「そもそも英会話を学ぶ必要があったのか。」
を考えなければならない。

ちょっと英語が喋れるとカッコいいから。世の中の流れで英語を学ぼうとした。
など漠然とした目的だから、やらなくなっただけなのではないだろうか。

本当に必要でないのならば、それはモチベーションに関係なく継続されるわけがない。

 

モチベーションは絶対に下がる

モチベーションは、バイオリズムと相関している。
なので上がることもあれば下がることもある。
この落差に個人差はあるだろうが、上下する事は避けられない。

そのため、モチベーションが下がると継続出来ない内容ならば、必ずどこかで止まってしまう。
ある程度は、勢いであったり、精神力などで、モチベーションを高める事は出来るだろう。
しかし、継続的に高めるには無理がある。

つまり、モチベーション云々が、行動のトリガーとなる場合、継続する事は難くなる。

 

システム化して習慣にする

では、どうすればいいのか。

「システムを作り、習慣にしてしまう。」

英会話ならば。
・●時〜●時は、英会話の時間とする
・週に●日は実施し、カレンダーに結果を書き込む
・進捗報告をSNSにアップする
・同じ目標の友人とコミュニティを作り、一緒に実施する
などなど。
やらざるを得ない状況、つまりシステムを作る。

そうすれば、モチベーションが上がっていようが、下がっていようが行動に移る。
これが一定期間(よく90日と言われる)継続出来さえすれば、習慣になる。
習慣になれば、「やらないと気持ち悪くなる。」

そう、朝の洗顔や、食後の歯磨きのように。

多少、モチベーションの上下により精度の差は出る。
だが行動していれば、モチベーションを上げる成果や実績が得られる。
これをもとに、更なるモチベーションアップを行えば良いのだ。

まず、モチベーションを上げて、それから行動しようとしていては、すぐに立ち止まるだろう。
そうではなく、いかなる時も行動せざる得ない状況を自分で作る。

そして、モチベーションがどうこうなんて言い訳せずに、とにかく行動する。
これが、モチベーションを高く維持するコツ。

 


 



【お知らせ】

坂本敦史Facebookアカウント(フォローお願いします)
つぶやきTwitterアカウント(最近始めました)
Diving Photoをまとめたinstagram(フォローお願いします)

 

【出張撮影いたします。】
現役薬剤師として、医療系業種を中心に、
プロフィール写真、イベント撮影、店内内装外装写真など、出張撮影いたします。
(都内中心に関東圏内となります。)

現在、無料モニター募集中です。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

-ビジネス, モチベーション
-, ,

Copyright © 2015-2018 Meivy Style All Rights Reserved.